かみさまのふねneo

 所持ブログ群のポータルとか そんな感じで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の御心はあまりに大きすぎて、我々人間の認識の及ぶところではない。

 ある山奥に、小さな集落があった。
 民らは皆、村に生まれ、村で育ち、その命尽きるまで生涯その村を出ることがなかった。ただ麦を育て、家畜を飼い、山の恵を享受して、その都度彼らの神に祈って過ごした。

「神よ、今年も豊作を感謝します!」

 彼らの祈りに、神は柔和な微笑みを返した。
 
「神よ、新しき命に祝福を与え給え!」

 神は優しき微笑みをもって、誕生を祝福した。

「神よ、今日一組の新たな夫婦が生まれました!」

 神は太陽のような微笑みで、二人を祝福した。

「神よ、いま偉大なる一つの命があなたの元へ向かいました……。」

 神は暖かな微笑みで、一つの命を御本に受け入れた。

「神よ、私は罪を犯してしまいました……。」

 神は穏やかな微笑みで、彼の過ちを許した。

「おお神よ!いつまでも我らを見守っていてください!!」

 神は、ただ微笑みを浮かべて、彼ら民を見守り続けた。


 
ある時、村を災いが襲った。その悪魔は瞬く間に村じゅうを覆い尽くし、民らは重き病に倒れ、苦しむこととなった。

「おお神よ!いまこそ我らはあなたの力を必要とします!どうか我らをお救いください……。」

 神は、微笑みをもって彼らの祈りに応えた。民らは、安堵の思いでその微笑みに感謝した。

 しかし、悪魔は去らなかった。
 民らがいくら神に祈っても、神はただ微笑みを浮かべるばかりで、彼らに救いの手を差しのべることはなかった。
 
 「神よ!どうして我らに試練をくださるのです?何故に祈りを聞き届けてくださらぬのです!!?」

 神は、民らの必死な祈りを、まるで蔑むかのように微笑みを浮かべ続けるだけであった。

「我らはずっとこの神に祈り続けてこれまで暮らしてきたのに。片時も感謝の心を忘れることはなかったのに。あぁ、我らはどうすればよいのだ……。」


 憔悴する村人たちの中で、ひとりの若者が苦々しげに口を開いた。

「苦しき時に頼りにならぬ神など、我らは必要としない……!!」

 村人たちは、はっと目覚めたかのように顔を見合わせた。

「そうだ、この神が、一体我らに何をしてくれたと言うのだ!?」

「ただ我らを莫迦にするように、ニタニタ笑ってただけじゃないか!!」

「あぁ、そうだ!こんなもの!!こんな役たたず、こうしてやる!!」

 その瞬間、神は死んだ。
 彼らが神と呼んで崇め奉ってきたその存在は、虚ろなる微笑みを浮かべたまま、彼ら自身の手によって叩き壊された。
 一つの素朴な神話が、いま消えた。


***************************

「祈りに見返りを求めるとは、なんて度し難い!所詮は弱く小さい存在だったか……。」

 苦々しげな呟きは、村を見下ろす遥か高みから。「神」と民らのやりとりをずっと見つめ続けていたその存在は、悲しげな表情で目を逸らし、ふぅと重い溜息をついた。

 民らは気づくことが無い。彼らの伺い知れぬ遥か高みで、彼らとは異なる次元で、ずっと彼らの営みを見守り続けてきた存在に。彼らと、この世界を創造した、真に「神」と呼ばれるべきその存在に!

「幾度、繰り返す?同じ過ちを、同じ堂々巡りをいつまで続ける?」

 結局は神の不在に耐えきれず、再び新たなる虚ろな神を作り出すか弱き民ら。その存在(仮にG氏と呼ぼう)は、ただ悲しげに見つめていた。

「それでも、諦められない。私のやり方は間違っていないはずだ。きっといつの日か、望む結果を彼らは見せてくれる。」

 自分に酔った珍妙な言葉遣いで、G氏は再びコントローラーを手に取る。

「やはり、羊のような凡人の群れでは駄目だ。彼らを導く天才が、私の意図に気づいてくれる指導者が必要だ。」

 彼が、この神様ゲームに熱中し始めてから既に、どれほどの時間が流れているだろう。
 昼食を摂るのも忘れて。
 ……お昼のお祈りも、忘れて。

 そんな姿を、彼の背後の偶像Aは不思議そうに見つめながら思った。

――――いったい我の造り主は、何を考えているのだろう?――――、と。




 嗚呼、神は、何処に在りや……?
スポンサーサイト

Comment

2011.12.08 Thu 20:25  PLbshneNrOmzYHvfHk

2011.12.25 Sun 04:47  UUDaqrZapvXAhrDeeH

2012.01.10 Tue 17:35  kkqmusjWSjqfPT

2012.02.07 Tue 12:32  qegvbIFsUGm

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 16:29  VETuCTbcnEMzQ

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 20:24  rNROtKbYjtMoFhNkwP

ap.txt;5;10

2012.02.08 Wed 00:28  jKVzFxzEiv

ap.txt;5;10

2012.02.09 Thu 22:12  qiWuFXTlSDroPR

2012.02.12 Sun 13:36  OScBEfRJtzoDoXAFf

e,

2012.02.12 Sun 15:43  GBrKUOPJdtnEWGDApXS

a,

2012.02.12 Sun 17:57  QWzjSBPtnB

f,

2012.02.12 Sun 20:19  vPvTYzSERFOqFJymzM

e,

2012.02.12 Sun 22:47  hUtxxfOTxKD

e,







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://takaching.blog1.fc2.com/tb.php/591-35260291

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

受付嬢的な

プロフィール

  • Author:たかち
  • 酒と音楽と哲学
    そして黒を愛するバカ

    MSNメッセンジャー
    ……takaching5@hotmail.com
    Skype
    ……takaching1

    サブブログ
    天笹船ちらしのうらmixi

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

 

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。