かみさまのふねneo

 所持ブログ群のポータルとか そんな感じで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡乱な邂逅

 前略、お母さん。
 ぼくはいま、とても大変な状況に置かれています。
 ふとした弾みで入り込んでしまった繁華街の路地裏で、面妖なる銀色の怪生物と、うっかりばったり鉢合わせしてしまったのです。
 嗚呼、ぼくはなんと不運な、間の悪い男なのでしょうか。この年の瀬に、日本全国で怒涛の如く開催される年忘れの宴会騒ぎ……こんな風習がそもそも存在することがなければ。その一次会であんなに盛り上がってしまうことがなければ。調子に乗ってウヰスキーをがぶ飲みするなどと言う愚行を犯すことがなければ。さもなくば、異常を感じたるのち速やかに厠に出向き、然るべき緊急処置を講じておきさえすれば!情けなくも散会後に前後不覚となり、辿るべき帰路を著しく見失った挙句、こんな路地裏に足を運ぶことはなかったのです。
 「それ」は予期せぬ侵入者の出現に大層驚いていた様子でした。
 勿論ぼくだってびっくりです。
(我ら地球人類……ホモ・サピエンスと称される生物の一般的形態に酷似しながらも、頭部のみ風船型に大きく膨み、外耳器は尖状の傾向著しく、そのくせ顔面には全く突起が感じられず、四肢は非常に華奢で先細り、全体的な体長は凡そ我々の幼年期ほどに止まった……銀色の生物!)
 この日本国の何の変哲もない飲み屋街の路地裏で、21世紀にもなって、所謂「リトルグレイ」を絵に描いて立体化したかのような珍妙極まりない存在にばったり出くわすことになろうなどとは夢にも……いえ、夢でしか思わなかったのですから。
 あぁ、夢。きっとこれは夢なのです。度を越してアルコールを摂取してしまったために、未だ居酒屋の座敷の隅で睡んでいるか。何とか下宿に帰り着いてそのまま寝込んでしまったか。はたまた、仲間に迷惑をかけながら寝ぼけているか。さもなくば、歩きながら白昼(……ではない、黒夜?……)夢の一つでも体験しているに違いないのです。そうでもなければ、こんなステロタイプにも程がある没個性的地球外生命体、と思しき存在に脈絡もなく邂逅することなど決して

 piropiropiro...

 突如その銀色物体が怪げな音を発し始めたので、やむを得ずぼくは、目の前の存在と向き合わざるを得なくなりました。

 piroro...piro...pirrrrrrrr
 
嗚呼、お母さん。ぼくはいまこの瞬間ほど、外国語の修養を疎かにしてきた過ちを悔いたことはありません。未だ嘗てこのような異音を以って発話する言語など耳に挟んだことは決してないとは言え、しかし、こちらを向いたまま頻りに謎の音を発し続ける彼(?)の態度を鑑みるに、何らかの意思をこちらに伝えんと奮闘しているその事実を無視するのはあまりに忍びないことなのです。

 piro...pirorororo...pippi...

 やがてあちらの方も、その意思が全く以って当方に伝達し得ていない事実を認めるに至ったらしく、徐々にその奇音の発生は絶え絶えとなり、ついには止んでしまいました。
 その後に訪れたのは、只管の沈黙。ぼくと、その異星からの使者(推定)は、ただじっと互いを見詰め合うことしかできなかったのです。

 ...pii...

 困り果てたかのようにまた、そのヒトは短く、たいそう哀愁漂う音を発生させました。
 嗚呼、お母さん。ぼくはいま自分が大変に情けない!こんな仄暗い裏路地でひとり、言葉も通じずに打ちひしがれている気の毒な友邦に対し、ぼくは何もしてやることができないのでしょうか?
 否!
 お母さんはぼくによく教えてくれましたね。目の前で困っている人を見かけたら、迷わず手を差し伸べてあげなさいと。そして一見無理そうなことにも、ひとまずは挑戦してみるものなのだと。
 ぼくは何とかして頭を働かせ、勇気を振り絞り、声帯を引き絞って

「ぴろろろろ……ぴろっ!」

 できる限り甲高い声色を用いて、この異世界の住人に話しかけてみることにしました。
 するとカレは一瞬驚いたような素振りを見せ……即ち、もともと大きかった双眸を更に大きく広げた後、ぱちぱちと瞬かせ

 pirororororo...pippii...pirororo!!

 ぼくの大層怪しげな問いかけに答えてきてくれました。
 ぼくも頑張って応答します。

「ぴろろろろろ……ぴっぴろろー……ぴろっ」

 pirorropiropiropii...pirrrrrr
 
「ぴろろっろぴぴっぴろー……ぴっぴー」

 piroooropirorororo...pippiiro!!
 
 ぼくにしてみればまったく意味不明で間抜けなやり取りでしかなかったのですが、それでもカレにとっては何らかの意義が其処に存在したらしく……
 突如カレはヒョコヒョコと路地の更に奥を目指して歩き始め、暫し後に何かを指し示してこちらに訴えてきました。

 piropippiroo...piroro...
 
「……ぴろっぴろ? ぴろろー」

 適当に返事を返しつつぼくもそちらに近づき、カレの示さんとするところを覗きます。
 果たして、其処には在ったのです。『Unknown Flying Object』、即ち『空飛ぶ円盤』が。
(尤も今現在の状況としてその物体が飛行状態にある所が確認されていないため、事実としてそれがFlying Objectであると断定することはできないのですが……しかし、世界各地で言い伝えられる銀色生命体が、これまた銀色の円盤状物体を意味ありげに示した以上、暫定的にそれをUFO的存在であると判ずるにはさほどの苦しさを伴わない筈です)

 pirorororoo...piropipipi...
 
 情けないことに、今を以ってしてもぼくにはカレの用いる言語表現を理解することが出来ていないのですが、それでも困り果てたような哀愁漂うカレの調子から(その辺りの基本的感情表現は言語と種族の壁を越えてなお共通なる物であると、今ぼくは確信しています)、恐らくその円盤に何らかのトラブルが発生し、結果カレは困り果てているのだろうと推測しました。
 
「ぴろろろー……ぴっぴろろ?」

 念のため、「触ってもいいかい?」とお伺いを立てます。(文法規則など、細やかなことはひとまず後回しです。感情と真心さえ伴えば、きっと思いは通ずるはずなのです。)

piroppipirororoo...piro!

 嫌がる様子ではなかったので、了承を得られたものと判断し、そうっと、灰皿のようなその物体に手を伸ばしました。
 灰皿でした。
 ……いえ、軽率な判断です。事実それが間違いなく喫煙用具としての灰皿であると断定することは出来ません。
 しかしその物体はどう見ても、触ってみても、巷の彼方此方に散見される金属製エチケット器具を重ね合わせたものとしか考えられなかったのです。
 そもそも、大きさが問題です。その物体はどう鑑みても、ぼくの片手に余る程度の体積しか持ち合わせておらず、目の前で心細げにしているコビト大の人型生物が搭乗するには明らかに小さすぎるように思えます。
 もしかしたらその物体がカレの乗り物であるというのはぼくの勝手な思い込みで、実際には単なる通信機か、偵察用小型機の類か、はたまた我々地球人には想定し得ぬ用途に用いられる何らかの秘密器具であるのかも知れません。
 
 pipirppirorororoo...
 
 しかし、なんとも同情を誘う声を上げて、此方を見上げるものです。その姿はまるで小さな子供のようで……嗚呼、実際カレはほんの子供に過ぎぬのかもしれません。こんな裏路地で、偶然迷い込んできたぼくのような酔っ払いに、必死で助けを求めてしまうくらいなのですから!

「ぴるろろろ……ぴろっ!」

 安心しなさい、ぼくが何とかして助けてあげるから!そう強く呼びかけると、ぼくは手の内にある円盤に(ぼくはこの時ほど、自分が機械工学を専攻しなかったのを正解に思ったことはありません。さもなくば、とっさにこれほど適切な処置を執ることは出来なかったでしょうから)

 渾身の力で、斜め方向から手刀を叩き込みました。
 
 すると円盤は突如ぶるぶると怪しく震えだし、逃げるようにしてぼくの掌から飛び上がると、銀色のカレの頭上でぐるりぐるりと回り始めたのです。

pirorororororororor...pippii!!

カレはたいそう嬉しそうな声を発すると(相変わらず、彼の言葉の具体的意味はよく理解できないでいますが)、銀色の光のような煙のようなものに包まれ……と言うよりはカレ自身がそのようなものに変化して、空飛ぶ灰皿にすうっと吸い込まれるようにして消えてゆきます。

 pirpipipirrrpirorororoo!!

 そして彼を乗せた円盤は、別れを惜しむかのようにぼくの頭上を旋回した後、ぱっと夜空の彼方に飛んでいってしまいました。

 なんとも唐突な別れ。こうなってしまっては、ぼくはカレの消えていった空をただ呆と眺めるほかありません。最後にカレが残した言葉はいったい如何なる意味を持つものであったのか、いくら頭をひねったところで、宇宙語を解さぬぼくには到底理解できそうにないのですから。
 
 嗚呼、お母さん。世の中、本当に不思議なことがあるものです。草々。


 追伸。もし二日酔いの症状に悩まされぬことがないならば、明日にでも帰省しようと思います。お正月のお餅は多めに買っておいてください。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://takaching.blog1.fc2.com/tb.php/533-318dd197

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

受付嬢的な

プロフィール

たかち

  • Author:たかち
  • 酒と音楽と哲学
    そして黒を愛するバカ

    MSNメッセンジャー
    ……takaching5@hotmail.com
    Skype
    ……takaching1

    サブブログ
    天笹船ちらしのうらmixi

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

 

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。