かみさまのふねneo

 所持ブログ群のポータルとか そんな感じで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛すること

※注
以下の文章は、いつもの日記とは若干、いろいろと違います。
或いは、まったく違いません。
そのあたりを注意して・・・或いはしないで、
ご覧になりたい方は、自己責任の下、ご自分のお時間及びエネルギーを投資する決断をお下し下さい。
なお、読んでいる途中、或いは読後に不快感を催された場合、当方に一切の責任はないこととする事を警告します。
実際に、こんな文章は無意味以外の何物でもないのだけれど。

眠れぬ夜のいたずらに。(随想)

取り留めの無い事を色々考えてみた。

某ゲームでは悪魔が「正義」、天使が「秩序」と位置づけられているという話を、今日(或いは昨日)ネット巡回の途中で見た。
曰く、悪魔とは個人主義、天使とは個を殺した全体主義に属するものであるからだという。
なるほど、確かに正義とは個人主義的なもの、或いは単なるエゴイズムであると言ってしまえるだろう。
興味深い見解だ。
(もしお時間があるならば、お手元(或いはネット上)の辞書で「正義」を検索してみる事をお勧めする。この世の欺瞞、または問題の奥深さを知ることになるだろう。)
参考までに私は「正義」の定義を、
「自らの大切なもののために、それよりは下位に属するものを犠牲とする決意」
だと解釈している。
(時間とエネルギーの兼ね合いによっては、ロールズ「正義論」を読解してみることも考慮に入れている。)

正義は、エゴイズムだ。

この言葉をどのように理解するかは、あなたがこの問題に関してどれほどの情報を得、また自ら思考してきたかに大きく拠る、ということを
私は傲慢にもここで宣言する。
私の意図の更に上を行く解釈が存在することも、当然ながら認めよう。

個人主義(エゴイズム)、とは決して悪いことではない。
善悪の判断というもの自体、本質的にはナンセンスであると私は考える。

しかし、わが恩師の一人である、中学教師は言った
「エゴイズムはいけないものだ」
確かにいけないものだ。
この世の人間全てがエゴイストでは、私は困ってしまう。
傲慢なる理想を述べれば、エゴイストは私ひとりだけが良い。

こんな捻くれた(別の観点から言えば「本質」にほど近い)考えは一般的に不要だ。
黙って、「エゴイズムは悪だ」と盲目的に信奉していれば良い。
(なら何故私はこんな事を、こんな場所で書くのか。
それはひとえに、私の表現欲を満たすための自慰行為をしたいがためである。)

物事(話題的に限定すれば、「思考」)は発達する。
そして発達には段階というものがある。
それは、「梯子」というものにひどく近いと、私は考える。
(そのような事をどこかで聞きかじったため)

ひとつ上の段に手を伸ばさないと、更にその上にある段には届かない。
そして、体を預ける必要の無くなった(体より下にある)段は、自己中心的に考えればまったく不要のものである。
それゆえ人は、それを卑下する。
あまりにも上にある段には、未だ手が届かない。
ゆえに、人はその「段」に対して、身勝手な憶測しか語れぬであろう。

「人は」という一般化した口調をここで用いていること。
これが、「欺瞞」あるいは「混乱」といった現象である。

書きたいことがあまりにも多すぎる。
枝葉末節に走り、本質を忘却する。
私は、自分の頭の悪さに辟易する。

閑話休題。
段を登って上へと至ると、世界の展望が変わってくるであろう。
それは、経験則的にも実証されている。

「梯子をのぼりきった者は、梯子を投げ捨てねばならない」
ウィトゲンシュタインはそう語っている。

(物事を語る上でいちいち先人のオーソリティを持ち出して来るのは、姑息な手管に過ぎない。)

何を考えていたのか、なにを書こうとしていたのか、「現在」の「私」には思い出せない。
(多くの物事を抱えすぎると、人は自滅する
参考:虻蜂取らず
人はもっと正義の行いをするべきだ、と私は思う
だが実践できていない)

話を先に進めよう。

異常の様な(確信的誤字)事を考えていたら余計眠れなくなってきたので、森博嗣の「有限と微小のパン」を読むことにした。
森博嗣という人は、本当に頭がいい人だと思う。

私は最初、この人の小説が嫌いだった。
異常に頭の良い、大金持ちの、美人のお嬢様が話を解決するなんて・・・
なんて陳腐な設定だろうかと思った。

しかし、少なくとも「異常に頭が良い」という点に関してだけは、いまは認識を訂正せねばならない。

森氏は、本当に頭の良いお方だ。

一言で言ってしまえば、言わんとすることは既に上記の文章の中でいくつか述べてしまっている。

上の段に手を伸ばす(手に取る)には、それに手の届く段に自分が居なければならないのだ。

氏の小説には、異常に頭の良い人間が多数存在する。
そしてそれは直接の設定(文字的表現)ではなく、もう少し深いところから滲み出てくることで、理解される。
それを読むたびに、私は自分の頭の悪さに辟易する。

森博嗣は、本当に頭の良いお方だ。

もうすっかり日が昇ってしまった。
だいたい言いたいことは述べた。

エゴイズムと、傲慢と、梯子の話であった。

(・・・欝だ。しかも悪い欝だ。)



警告はしましたが、当然の義務として苦情・叱責・罵倒等は受け付けます。
スポンサーサイト

Comment

2006.04.29 Sat 05:39  

(追記)
私はこういう文章が大嫌いです。
  • #-
  • タカchi
  • URL
  • Edit

2011.12.15 Thu 11:58  KTAqNYvuzQ

2011.12.15 Thu 23:03  kYmaScfwcZvcWAs

2011.12.26 Mon 04:00  hXQqdnKWhxLKF

2011.12.26 Mon 05:49  bInbcoITWnRmuNBf

2012.01.10 Tue 12:09  dnVAEjpvhvArZVeWn

2012.01.10 Tue 13:58  ZGXFcWVDrXeJY

2012.02.07 Tue 11:27  YOubBlICAAVD

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 11:48  ckbomQvcXcjEu

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 15:23  EAwkyaaNJletEg

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 15:44  huKWJedsWoCVaKgd

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 19:19  dBbiVbSwQuRTzRpR

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 19:45  HUZuteWXwpBHJ

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 23:19  aRrzobkLhBy

ap.txt;5;10

2012.02.07 Tue 23:42  ttcqxdmeMLl

ap.txt;5;10

2012.02.09 Thu 17:18  lmCgjxpmpEgDjFdcOB

2012.02.09 Thu 19:02  uTpUGpEwrVG

2012.02.12 Sun 12:56  lulFzibGjpV

a,

2012.02.12 Sun 13:09  jfjdxViHDmGMSr

f,

2012.02.12 Sun 15:06  fqEmTzBGMSSGSN

f,

2012.02.12 Sun 15:19  aYUNWlFixx

d,

2012.02.12 Sun 17:24  RNrCLXwlScPFRJV

c,

2012.02.12 Sun 17:32  MNxVDEYOLAXtFGV

f,

2012.02.12 Sun 19:38  ilyEXvYYJDiftvkM

f,

2012.02.12 Sun 19:51  JRUGkzxozMGhiMQI

b,

2012.02.12 Sun 22:04  yvLipiRABiiWZS

a,

2012.02.12 Sun 22:22  fXWfWrfjTnNAyvIb

b,

2012.02.13 Mon 00:32  qKQKoZonohZnWu

d,

2012.02.13 Mon 00:46  tGiGDZuCADWJ

c,







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://takaching.blog1.fc2.com/tb.php/315-180e01c0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

受付嬢的な

プロフィール

  • Author:たかち
  • 酒と音楽と哲学
    そして黒を愛するバカ

    MSNメッセンジャー
    ……takaching5@hotmail.com
    Skype
    ……takaching1

    サブブログ
    天笹船ちらしのうらmixi

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

 

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。